『迷いながら、強くなる』

7大タイトル独占、6永世称号資格所有プロ棋士の対局からの教訓
『迷いながら、強くなる』羽生 善治著
◇迷いの中で生き抜くためのヒントとして
・ミスも迷いも、マイナス出来事も自分に重要な影響があり
・解決できない場合にも、自分の頭で考えた過程や経験が、自分の支えや財産になると信じる
ことは、修羅場を何度もくぐり抜けてきたからこその説得力があり、不動の心作りの支えとなる

◇問題解決に役立つ、考え方のヒントとして
○将棋での”読み”は先の展開を考えること
・直線的:1局面1選択を
・曲線的:1場面で多数候補手を
考え、局面によって使い分ける
これらの徒労を繰り返し、判断力や分析力を向上させる
ことは、どの分野にも時代にも通じることを痛感する

最後のページに綴られたメッセージから、
一期一会&真剣勝負の世界での生き様を感じる
と同時に、終わりのない更なる挑戦に挑む強さに感銘

本書を通して、馴染みない将棋から、
日常の問題解決のヒントを得て、新しい世界を知る良い機会ともなる一冊。
迷いながらもいきる中でも活用したい

http://goo.gl/j1NRUv